NPO法人日進野菜塾

  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりーNPO法人日進野菜塾へのアクセス
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりーNPO法人日進野菜塾へのアクセス
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりーNPO法人日進野菜塾へのお問い合わせ

  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりーNPO法人日進野菜塾とは
  • 名古屋近郊の市民農園のこれまでの活動
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりの−NPO法人日進野菜塾の想い

名古屋近郊の市民農園で有機野菜を作る日々

2020年06月14日

田植え、始まりました。

6月6日(土)、7日(木)と2日つづけて田植えを実施しました。当日とその後の様子について報告します。

■苗とり

「あいちのかおり」の苗はJAの箱苗を購入しています。5/16に田んぼに入れていますが、箱から出して田んぼの底の地面に約2週間つけてきました。

そのため、苗は15㎝近くに大きくなっています。これを田んぼから取り出しますが、地面に根がついてけっこう力仕事。

取り出した苗は、これから植える場所めがけて分散させて投げ入れます。(これが最初の儀式みたいなもの)

200614 田植え ⑤苗

200614 田植え ⑤苗とり200614 田植え ⑥苗とり

200614 田植え ③苗投げ tuduki

 

■田植え当日

横一列にならんでロープにそって掛け声を合図に、いっせいに植えていきます。(後に下がっていくのです。)

ロープには24㎝ごとに赤いリボンが目印についており、最初は目印に合わせ、その後は自分が植えた苗にまっすぐになるよう植えていきます。(ロープの目印は途中で動いてしまうため)

この作業は始まったら、途中でやめられません。休憩したい人は手をあげて、メンバー交代。作業は最後までつづきます。

200614 田植え ④田植え

 

200614 田植え ②田植え

■田植え後

 

田植えがすんで3~4日経過したころから、青浮草(あおうきくさ)が発生。じょじょに田んぼ全体にひろがってきました。

写真は6/13のもの。田んぼの半分くらいに広がっています。この浮草は除草剤を使う田んぼでは発生しません。

日差しを抑制するため、コナギなどの生育をおさえるとされます。また窒素分を含むため、肥料効果もあるとされます。

他方でやがて赤く変色していきますし、田んぼ全体をおおうと水温の低下、勢いがありすぎてイネを倒伏させるなどの欠点も指摘されています。

私たちの栽培には過去も何度か経験しており、とくに問題感じていません。

(有機稲作の専門家で理論的な支柱と言われるNPO法人民間稲作研究所の稲葉さんも同様の指摘)

200614 田植え ⑨うきくさ

 

 

また雑草のコナギも顔を出しています。これは代かきなどで取り切れなかったのが顔を出しているのです。

200614 田植え ⑩うきくさ

 

■生きもの

田んぼのあぜからアミで生きものがいるかすくってみました。おたまじゃくしが、3回アミですくって1回は入る。けっこういます。かなりの量のおたまじゃくしがいます。大きさも大小、足もでているのがいます。。またガムシもいます。鳥はいつも来ています。

写真はアオサギとみられます。(サギの中では大きいタイプ。)おたまじゃくしを盛んについばんでいるようです。

前回アミを入れたら、ゲンゴロウが入りました。

200614 田植え ⑦生きもの200614 田植え ⑫生きもの

 

200614 田植え ⑧生きもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

200614 田植え ⑪生きもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

↑ブログランキングに登録しています。
1日1回上のバナーをそれぞれクリックして日進野菜塾を応援してください!

カテゴリー:スタッフブログ未分類
2020年05月26日

2020年、今年の田植え、除草はこうして!

いよいよ田植えのシーズン到来です。

日進野菜塾では6/6、6/7と両日にかけて「手植え」を実施します。
(6/7はなごや環境大学の第1回目となります。)

毎年「無農薬」で栽培をつづけ、コナギを中心にした「雑草」に手こずってきました。

今年はいろいろ工夫を入れて、本格的(?)に抑草対策を実施しています。

以下、紹介します。

 

1)3月から早期湛水

3月から水入れしています。田んぼが乾かないように水位を維持。

今年はJAの「あぜ塗り機」で「あぜ補強」しており、水もれの心配は(今のところ)ありません。いれっぱなし。

 

3月3日に水入れ開始。写真は水入れ中。あぜが整備されている。

3月3日に水入れ開始。写真は水入れ中。あぜが整備されている。

2)発酵肥料(ぼかし)の投入

水入れ前に田んぼの中で「発酵肥料(ぼかし)」を大量につくっていました。今年の肥料はこれを元肥にしている。

そのせいか4月からミジンコ等たくさん見らました。また小さな水生昆虫、カエルの声も早くから見られました。

 

3)5回の代かき

今年は代かきの回数を増やしています。抑草と田んぼの凹凸の修正をねらったものです。

トラクターを浅く、高速回転で実施。5月中旬に実施したときには、4~5センチ以下の小さなコナギがいっぱい浮かんだ。

水深を深くしてできるだけ「死滅」枯れさせようとしたが、なかなか枯れず。手で除去している。

 

4)田こすり器

田んぼの初期除草に有効な道具で長年使用している。古くなっていたので、新たな竹で補強、整備している。20本ほど用意している。

 

田こすり器の裏側は刃がついており、これで草をこすりとる。

田こすり器の裏側は刃がついており、これで草をこすりとる。

5)米ぬか散布、継続して

田植え後に、米ぬかを水で溶いてダンゴ状にして、まく予定。
数量は多くなく、反あたり2俵くらい。2週間単位でしばらくつづけたい。

 

6)株間せばめる、条間は維持

株間は24センチに、条間はこれまでどおり30センチ。これで株間に生える草をおさえる。また収量増もねらう。

 

7)苗を箱から出して、地につけてる(苗を育てる)

苗はすでに田んぼに入れている。(5/17)

箱からだして田んぼの底に根をつけています。「苗代」の要素を取り入れ、茎をのばし、植えつけ本数を2~3本と少な目にしたい。(成苗とまではいかないが稚苗ではない)

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

↑ブログランキングに登録しています。
1日1回上のバナーをそれぞれクリックして日進野菜塾を応援してください!

カテゴリー:スタッフブログ
2020年04月07日

ただいま準備中~4月4日(土)にたい肥、元肥入れ

「あせだくコース」、ただいま開始前の準備作業に入っています。

4月4日は、春夏の栽培に向けて、最初の作業。自家製たい肥、牛糞たい肥、もみがらくん炭、米ぬか、鶏ふん、油かすをまいている風景です。

一部、利用者の中で希望者も参加して、マスクしながらいっしょに作業していただきました。

200407 流の開始準備 ①

一輪車やバケツを使って、共同でまいています。このあとトラクターをかけて、約3週間近く土を養生させます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

↑ブログランキングに登録しています。
1日1回上のバナーをそれぞれクリックして日進野菜塾を応援してください!

カテゴリー:スタッフブログ
2020年01月10日

自給(的)作物を育てる~(2)蒲郡みかん、援農活動

蒲郡市のミカン園におじゃまするようになってもう8年ほどになる。最初は誘われて「みかん狩り」。その翌年は「摘果」を、さらに翌年は「せん定から」と毎年やることが増えていった。そしてここ4,5年は3月のせん定からはじめ、12月の収穫まで年間7~8回、各回10人前後の会員が手伝いにいく。(収穫時期の12月は各回20人近く、2回は行く。)

収穫したみかんは、最初売るのが苦労したが、新聞ちらしで近隣に案内したこと、味がいいのでリピートのお客さんもつき、いまでは日進野菜塾にお客さんが買いにきてくれ、短い期間に完売するようになった。

 日進野菜塾にとって果樹は唯一、このみかんとなっている。(一般には「温州みかん」といわれる) 会員には不思議と人気のある栽培活動だ。

 

3月後半 せん定

 のこぎり、剪定はさみを持っておこなう。不要な枝と言っても、素人には枝を切るのにとても「勇気」がいる。指導していただく農園主は実に大胆(?)に切っておられるのだが・・・。ともかく木の風通しをよくする、上からの日当たりをよくすることが重要である。

どこをどう切るとよいか、なかなか経験を積まないとわからないかもしれない。慣れるとおもしろく、終わったら「床屋のオヤジ」(?)になったようなすっきりした気分となります。

 
■不要なせん定の樹木図枝の除去
 ⑦枯れ枝の除去
  黒点病の予防のために直ちに徹底して切る。
 ③内向枝・逆行枝の除去
  生育を妨げ、日照を悪くするので直ちに切る。
 ⑤平行枝・三叉枝・重なり枝の除去
 ⑥下垂枝の除去
■間引き
 ④立枝を間引く(A農園では立枝を残す)
 ②主枝との競合枝を間引く
 ①樹高を下げる

5月中旬 摘花

 余分な花を落とします。
この時期は、花の甘くかぐわしい匂いがたちこめています。白い花がいっぱいでこれを「落とす」のはかなりたいへんです。
一つの枝にびっしりとあり、なかなか「大胆」にはなりにくい。でもこのあとの実を落とす「摘果」の時期になると、どうしてもっと落としておかなかったかと思ってしまうことがあります。

 

DSC_0266

白い花がいっぱい枝につく。落とすのに困ることも。

 Exif_JPEG_PICTURE

みかんの花(咲いた状態)

 8月摘果

 5月に「花」を摘花したが、8月の中旬には「小玉」となっている。

小さくて酸っぱくとても食べられないので、多すぎる分を落とす。8月の猛暑の時期で作業もなかなかたいへんです。

 Exif_JPEG_PICTURE

 

 10月青切りみかん収穫

 もともとは仕上げ摘果と言って、8月の摘果がまだ小さい段階なのに対し、この仕上げ段階は大きくなっての摘果。これまでは地面に落としていたのだが。食べてみると酸味は強いが「みかん好き」の人にはおいしく感じられるようだ。

(仕上げ摘果で落としたみかんは販売していなかったが、10月末に少し時期を遅らせ、青切りとして販売すると「みかん好き」には好評で、「こういう酸味のみかん食べたかった」に代表される声があった。)

DSC_0824

青切りみかん、2019年10月はやや黄色がかっているが、まだ青い。

 12月本収穫

12月の収穫は12月初め第1週と第3週と2回に分けておこなうことが多かった。
収穫はまず「宮川早生(わせ)」という品種から。これは蒲郡地元の品種とされる。皮が薄く酸味がやや強い。みかん好きはとくに小さいみかんを好む人が多い。
「むかしよく食べたみかん」「今のみかんは甘ったるいが、このみかんは酸味とのバランスがよい」「味が濃くておいしい」などの評価されている。

もう一つの品種は「青島」。これは酸味は弱く、甘みがある。

 181224 みかん3回目収穫②

 

181224 みかん3回目収穫③

収穫したみかんは黄色いコンテナに入れる。コンテナ1つで20kg~25kgのみかんが入る。多い時は1度に100箱近く収穫した。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

↑ブログランキングに登録しています。
1日1回上のバナーをそれぞれクリックして日進野菜塾を応援してください!

カテゴリー:スタッフブログ自給作物ほか野菜栽培

自給(的)作物を育てる~(1)にんにく

 保存がきき、どの家庭でもあると便利な基礎作物。それが表のような作物です。

ここ数年、「自給用」にまた「販売用」にと、これら作物の栽培を増やしてきました。ざっとご紹介してみます。

自給作物いちらん

■ニンニク

あまり手をかけず、たくさんつくることができる代表作物。1905 にんにく

私たちは、前年にとれた分をタネに回し、千個単位で栽培しています。10月に穴あきの黒マルチを張り、タネを植える。条間、株間とも狭い間隔で植えるので、幅10m×長さ15mのウネであれば500個~600個も植えることができる。
収穫期まで数回の追肥、マルチ穴の草取り数回の手間を除くと手がかかりません。
収穫は5月にはニンニクの芽、6月にニンニクの球とつづく。(いっぺんにとるのは大変なので、4月後半から少しずつ収穫しています。)乾燥させてから風通しのよい日陰につるせば、数か月は保存がきく。。

またガン予防効果がもっとも高い野菜と言われています。毎日の食事でとりたい野菜です。

(アメリカ国立がん研究センター「デザイナーフーズ」ピラミッド)

11月ごろに芽が出てくるので、それまでに食べるか、冷凍個保存すれば年を越せます。

私たちは5月から販売しています。最初は水分の多い「生にんにく」として。また「にんにくの芽」はベーコン等と炒めると美味しい。

今後、「乾燥にんにく」「粉にんにく」「オリーブオイル漬け」など試して、商品の幅を広げていきたいと考えています。

190221 にんにく②

2019年の2月の栽培写真

190302 にんにく②

2019年3月、すっかり太くなった。

 

DSC_0206

2019年4月25日 少しずつ収穫が始まる。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

↑ブログランキングに登録しています。
1日1回上のバナーをそれぞれクリックして日進野菜塾を応援してください!

カテゴリー:スタッフブログ自給作物ほか野菜栽培