名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾

  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのアクセス
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのアクセス
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのお問い合わせ

  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾とは
  • 名古屋近郊の市民農園のこれまでの活動
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりの−日進野菜塾の想い

カテゴリー

2019-06-18

じゃがいも、黒マルチ使用で作業が楽、収量も確保できた!


たくさん採れるとうれしいジャガイモ。土寄せや、雑草取り、収穫などの力仕事もともなう。でも黒マルチを使って浅植えで、かなりの手間が削減できる。収穫量もそこそこ。次回からはもっと栽培株数を増やし、収量高を上げたい。

 

■現状

じゃがいもはたくさん栽培したいが、「芽かき」「土寄せ」などそれなりに「手間」を必要とする。

たくさん収穫したいといって、種イモを植えても、雑草に負けたり、とくに土寄せは雑草を取り遅れるとかんたんでなく、けっこうな力仕事となる。また「収穫」もスコップで掘りながらおこない、(それはそれで楽しいのだが)、力もいるし、ときに傷つくイモも出る

 

■楽々栽培の特徴

①黒マルチをかけた栽培。(マルチをかけてから、穴をあけ、種イモを植える)

②浅植え(種イモを植える場所)

③株元に穴があくので、土(あるいはもみがら)をかける(イモに日があたり緑化することを防ぐ)

 

■利点

①雑草を(かなり)防げる、取る手間がほぼ不要。

②中耕、土寄せが不要、とくにこれまで2回はしていた土寄せがなくて済む。これは楽。

③収穫作業がすわったままで、道具を使わず、手で掘り出せる。

■結果について評価

①かなり省力化でき、その割にはけっこうとれた。肥料は元肥なし、追肥は1回のみ。(自家製ぼかし)

②やや小さめではあるが、土寄せしないのにとれている。

③緑化するイモが多く出る思っていたが、ほとんど見られなかった、(株元にかけた効果)

④何よりも収穫作業が楽。イモが見えており、浅植えから取り出しやすい。

以上から、この方式は十分つづけるに値する。もっと栽培数を増やしても、作業負担はあまり増えない。

■作業の経過

 

(1)定植

3/6~11日。 株間30㎝で定植。このウネは男爵。半分カットして、切り口を下に向けて、5㎝ほどの深さに植えた。植え穴は穴あけ器であけている。

DSC_0129

 

(2)芽かき、株元に追肥(ぼかし)、「もみがら」 4/27

DSC_0219

(3)収穫 6/13

じゃがいもの株を根元5センチくらいでカットして、黒マルチをはがすと、この写真のような状態で現われる。

 

DSC_0361

 

 190617 じゃがいも①収穫作業

①イモがすでに表面に露出している。(黒マルチがあるため、日差しがイモにあたることはなく、青くなっていない。)②マルチをかけているので、土がやわらかく、残りのイモを「手」で掘り出せる。③また浅いところにイモがあり、すべて掘り上げるのに力や時間が少なくてすみ、作業が楽である。

■収穫量(いずれもウネ幅60㎝、株間は30㎝)

プロ農家にくらべれば、高水準とは言えないが。十分効果的と感じた。

 品種

株数

収穫量(㎏)

1株平均

(㎏)

男爵

切断面下向き

39

14.5

0.37

メイクイン

  〃

47

21.8

0.46

キタアカリ

  〃

43

16.6

0.38

  〃

切断面上向き

34

17.0

0.50

カテゴリー:スタッフブログ未分類
2019-01-08

「段ボールコンポストたい肥」を使ったプランター野菜栽培(秋の葉物)


段ボールコンポストでできたたい肥を使って、バルコニーでプランター野菜を栽培してみた。

 

 1.種まき

10月中旬に、3つのプランターで種まきをした。

土は「赤玉土(小粒)」と段ボールコンポストでできたたい肥を2:1の割合でつくった。下図のように、コンポストたい肥を真ん中にして、赤玉土ではさんでおり、混ぜ合わせていない。(コンポストたい肥の上に赤玉土をかぶせることで、たい肥が表面に露出しないようにした。)

190108 コンポストたい肥でプランター

 

 

 

 

まいたタネは、横長プランターに小松菜とラディッシュ、丸形プランターにはそれぞれ春菊、ガーデンレタス。写真は種まきして1週間くらいのもの。

  190108 プランター栽培(10月17日①)

2.生育(11月上旬)

種まきしておよそ20日後、ずいぶん大きくなった。水やりはほぼ毎日。肥料は何も与えていない。

190108 プランター栽培(11月6日④)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 190108 プランター栽培(11月6日⑤)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.収穫(12月中旬)

 下の写真は種まきしておよそ1か月半経過したもの。

冬の寒さにあたりはじめたので、小松菜も葉が厚くなってきた。

ガーデンレタスは料理に色取りがほしいとき、「摘んできて」と家族に言われ、根の上の葉を採る。春菊はもう少し大きくなったら、鍋に入れよう。

もっといろいろな野菜のタネをまいてもよかったな。春はたくさん種類をまきたい。

いずれにしても、肥料は段ボールコンポストのたい肥のみ。追肥はなし。水とお天道さんだけ。

段ボールコンポストの堆肥、けっこう威力あるね。

190108 プランター栽培(12月8日③)

190108 プランター栽培(12月8日②) 190108 プランター栽培(12月8日①)

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:スタッフブログ未分類
2018-10-24

はざかけ米、脱穀しました。


10月23日(火)、お天気の合間をぬって、脱穀しました。

 毎年無農薬で、手植え、はざかけと手のこんだ栽培をしています。(除草剤も化学肥料も使いません。)

収穫量ですが、今年は反当りで6俵近く行きそうです。(玄米ベースで1俵は60㎏。)近年にないとれ高となりました。

このあたりでは慣行栽培で平均7俵くらいといわれます。われわれは毎年4俵前後。それにくらべるとよくとれました。

前の耕作者から引き継ぎ、(われわれにとって)初めての田んぼであったこと、また雑草取りも一生懸命やり、収穫時に雑草はほぼない状態で稲刈りできたこと。

これらのおかげですね。

はざかけで、太陽の恵みをじっくりうけて、香り高いもち米ができそうです。


181024 田んぼ・脱穀⑤

脱穀は稲わらから「もみ」を取り出す作業。干した稲を運ぶ、脱穀機に稲わらを投入する、出てきたもみを袋に入れる、もみをとったあとの稲わらを束ねてヒモでしばる、ハザ棒をかたづける・・・多くの人手が必要な作業です。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


181024 田んぼ・脱穀①

田んぼでの脱穀作業中の全景。左側はハーブを中心にした畑です。お天気は曇り、急な雨もありそうなので、作業も急ぎ目で。



 181024 田んぼ・脱穀③

田植えは6月の第1週に、すべて手植えでおこないました。2日間かけて、けっこうたいへんです。参加者を毎年つのってなんとかやれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:スタッフブログ未分類
2018-10-16

2018年、春、秋の植え付け風景


ファームin流は、一区画あたり30㎡の広さがある。縦ヨコ6m×5mあり、長さ4mのウネを6本つくる。これだけあると、たくさんの作物栽培が可能です。 


あせだくコースは、毎年3月後半の準備作業から始まります。たい肥、元肥などを投入した後、4月半ば頃、各人の作業。まず、ウネ立てづくりがスタート。クワ、レイキといった農具を使う。はじめは曲がったり、凸凹になったりと悪戦苦闘(?)するかもしれませんね。

6本のウネを、3週間くらいにわけ、順に立てます。苗、タネもその都度、できたウネに植えていきます。


180424 流の最初の植え付け

2018年4月24日の畑。一部のウネに苗を植え付けたところ。ツルが伸びるウリ用に高いアーチを立て、苗の防寒用にビニールでおおっている。



2018年5月13日、小雨の中の畑。各人のウネもだいたい形ができ、苗やタネが植えられている。ここから一雨ごとに生育が進む。

2018年5月13日、小雨の中の畑。各人のウネもだいたい形ができ、苗やタネが植えられている。ここから一雨ごとに生育が進む。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月の中旬から、白菜、ブロッコリなどの植え付け(定植という)に入ります。年内に収穫しょうとすると9月のお彼岸までには植えておきたい。

猛暑の夏を過ぎ、秋のさわやかさに、きっと体もよく動きます。これから日々、涼しさが増すなかで、野菜もよく育ちます。

自然の中で、作物の生育の力強さを感じることができます。(まだ暑いので、虫も出ます。丹念にとりましょう)


180915 ブロッコリの植え付け

2018年9月15日 ブロッコリを植え付け開始。



 


181015 秋冬もの

2018年10月15日、ほぼウネに植え付けができた。白いネットがかかっているのは白菜やキャベツなど、虫よけ。大根、ニンジン、小松菜など芽を出している。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:スタッフブログ未分類
2015-09-01

今年の夏休み、「小学生サマースクール」4回実施しました。


日進野菜塾では、夏休みに小学生のみなさんに、田んぼや川の生きもの、畑の野菜などにふれ、学習に生かしていただく講座を実施しました。
(今回のような夏休みに限っての体験教室は、日進野菜塾では初めて。)

4回は次のテーマでした。
7/20 「見てみよう!田んぼの生きもの・川の生きもの」
8/5  「川の生きもの、夏野菜の体験教室」
8/6  「田んぼに育つ生きものの世界」
8/19 「川の生きもの、夏野菜の体験教室」

 (下記の各写真、クリックしていただくと大きくなり、実際の場の雰囲気を感じていただけます。)

143077
074059086


場所は日進市の日進野菜塾の畑、田んぼ、近くの岩崎川をフィールドにしました。
うち2回、7/20と8/6は「なごや生物多様性保全協議会」との共催。(こちらに実施ちらし) この共催企画はたいへん応募者が多く、抽選ではずれた子どもたちが多く、そのため残り2回(8/5と8/19)を、日進野菜塾独自で追加したものです。

ともかく元気いっぱいの子どもたちがいっぱい来ました。生きものにとても詳しい男の子、女の子もいましたね。(計4回で約80名の子どもたちが参加。)
夏休みの「自由研究」学習に、少しは役立ったかな・・・??




カテゴリー:スタッフブログ未分類