名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾

  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのアクセス
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのアクセス
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのお問い合わせ

  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾とは
  • 名古屋近郊の市民農園のこれまでの活動
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりの−日進野菜塾の想い

名古屋近郊の市民農園で有機野菜を作る日々

2018年10月01日

2018年9月のファームin流、秋冬野菜きりかえ


 9月に入って、ファームin流「あせだくコース」の作物切り替えが始まっています。

ナスやピーマン、空心菜など、元気な夏モノは残しながら、徐々に秋冬野菜の苗、タネを植えていきます。

白菜やキャベツなど年内収穫しょうとすれば、お彼岸前までに苗を定植します。あせだくコースでは無農薬で育てますので、ネット(不織布)をかけて虫除けします。


180930 流の秋冬きりかえ ①

6本のウネのうち、まず2本で白菜、キャベツ、ブロッコリを定植。虫防止に、白い不織布をすぐかけた。



 

 

 

 

 


2018年の秋冬の作物予定(作付け図)

秋冬野菜は20数種を植えていく。(年内に2回植える野菜もある) お正月前の年末にたくさん収穫できるように。



 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

↑ブログランキングに登録しています。
1日1回上のバナーをそれぞれクリックして日進野菜塾を応援してください!

カテゴリー:お知らせスタッフブログ