名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾

  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのアクセス
  • 名古屋近郊の市民農園で有機野菜づくりー日進野菜塾へのお問い合わせ

名古屋近郊の市民農園-あせだくコース 農業体験農園・ファームin流

  • 他の農業体験農園との違い
  • 名古屋近郊の市民農園-農業体験農園 流れってどんなところ
  • 名古屋近郊の市民農園-農業体験農園でどんなことをするか
  • 名古屋近郊の市民農園-あせだくコースで参加できるイベント
  • 名古屋近郊の市民農園-あせだくコースの参加者の声

名古屋近郊の市民農園-あせだくコース詳細 野菜作りの初心者でも毎週講座があるので安心です。無農薬、無化学肥料で野菜を一緒に育てましょう!

こんな方におすすめ

  • 新鮮で安心、安全な野菜を自分たちで作ってみたい。
  • 野菜作りのやり方がわからない、上手に作れないので教えてほしい。
  • 子どもに土に触れる体験、食べ物の大切さを教えたい。
  • 週末に家族と一緒に土や農、自然に親しみたい。
  • 同じような趣味を持つ人どうしで交流したい。
  • 農的な行事をいろいろ体験したい。
2017年度 名古屋近郊の市民農園を20区画募集しております
利用期間 2017年4月下旬~2018年3月まで
年間利用料 60,000円
年会金 2,000円
合計 62,000円

※種苗費、肥料、資材費、農具費、野菜収穫、指導料、資料等含まれます。
※事前に一括してお支払いただきます。


現地見学、大歓迎!2017年2月(11日、18日、25日)、
3月(4日、11日、18日、25日)
及び4月以降の毎週土曜日に見学会実施中。
(要電話予約下さい 090-1798-4802)

名古屋近郊の市民農園 お申込みボタン
(お問合せ、畑の見学ご希望の方 090-1798-4802)



他の農業体験農園とどこが違うの?

他の農業体験農園との違い1

野菜作り経験ゼロでも、できる。
全くの初心者でもできます。生産者が丁寧に教えます。

他の農業体験農園との違い2

手ぶらでOK!
農具、支柱、道具はもちろん、タネ、苗、肥料(有機肥料)、
すべて用意されております。

他の農業体験農園との違い3

安心、安全な野菜
農薬や化学肥料は使用しません。
虫食いもありますがその分おいしさは格別。

他の農業体験農園との違い4

土曜日午前、講習を行います。
テキストと実技指導でわからないことはすぐ聞けます。
(欠席した場合は補習講座を行います。又メール、電話でいつでも質問OK)

他の農業体験農園との違い5

個人スペースだけでなく「共同コーナー」も。

他の農業体験農園との違い6

色々なイベント、体験、講習会に参加できます。
野菜塾ならではの特色です。野菜作りだけに終わるのではなく、
農ある暮らしを楽しんでいただけます。
※今年度の行事予定参照。

他の農業体験農園との違い7

家族、友達、職場の仲間で楽しさを分かち合えます。
(原則としてお一人、又は1世帯1区画ですが、お友達同士や職場でもOK)
又お友達もすぐできます。

農業体験農園・ファームin流ってどんなところ?

里山の素敵な景観が広がる日進市の水田地帯の一角です。
白山宮の森を近くにのぞみ、田植えや稲刈り時期には美しい風景が広がります。
道路をはさんでコンビニ(セブンイレブン)もあり、市役所・図書館からも近く
バスを利用する場合、図書館前から徒歩で5分ほどでも来られます。

安心な無農薬野菜、果物、加工品の栽培圃場イメージ

住所 : 日進市本郷町流(ながれ)96
区画 : 個人スペース(1区画8m×3m)30区画と共同スペース
設備 : 農機具小屋(ビニールハウス)、パーゴラ(講座、休憩場所)、愛知用水、ハーブガーデン、駐車場
総面積 :  2,000㎡

2016年の作物。2017年も準じる予定。

農業体験農園・ファームin流ってどんなところ?

共同畑:玉ねぎ、そらまめ、エンドウ、イチゴ、大豆、スイカ、サツマイモ


市民農園でどんなことをするの?

他の農業体験農園との違い1

こんな作業をしました。(毎週土曜日午前10:00〜12:00、講習のあと作業。)

作業風景

他の農業体験農園との違い1

どんな人が参加してるの?(参加者の特徴)

○家族で

・仕事が忙しく子どもとなかなかいっしょに何かするという機会がないので、
  畑の作業は子どもと過ごすいい機会と話すお父さん。

・娘夫婦と孫と作業をしながら過ごす幸せな3世代家族。

○職場仲間で ・従業員が交代で世話をし、収穫物は職場の皆で分けます。
・職場で収穫物をお昼に料理して食べます・
○友人同士で ・仲のいいお友達どうし助け合って楽しんでいます。
○シニア単独で ・退職して時間が出来たので。畑の仲間とのおしゃべりが楽しい。

他の農業体験農園との違い1

どのぐらいの頻度で畑にくるの?(参加者の来る回数)
毎週土曜日はほぼ全員が来られます。(来れない時は翌日曜に補習講座) あとは人それぞれ、季節によっても作業の量によっても違いますが、毎日畑に来る人、 週2~3回の人、週1回の人、朝早く、又は仕事の帰りに夕方寄る人、ほんとに様々です。 自分にあったペースでかまいません。

他の農業体験農園との違い1

収穫物はどう使ったの?
採れすぎて困ったという声が多かったので来期は本数を減らし種類を増やすことも考えています。 各自の家庭で使う量はたっぷりとあったため、実家、親戚、友人にあげた方も多いようです。 遠方に住むお孫さんにおみやげで持って行くのが楽しみという方も。 料理の仕方、保存方法などおしゃべりするのが又楽しいです。


農作業以外に参加できるイベント

2016年は以下を実施。2017年もほぼ準じる予定です。

6/4(土) 田植え
7/2(土) 生きものさがし&田の草取り
8/6(土) ピクルスづくり&ハーブティ
9/3(土) ハーブ料理教室
10/8(土) 稲刈り
11/5(土) さつまいも掘り&いも煮汁
12/10(土) 正月かざりづくり
1月  

新年もちつき(雨天のため3月に実施予定)

2/4(土) みそづくり(栽培した大豆を使って)
3/25(土) 春の山野草教室

毎月の活動の様子

2015年に体験農園で行ったイベントなど


市民農園の参加者の声

  • 開放的な場所なので作業をしていてとても癒された。子供も自然の中で虫取りや穴掘りなど、楽しみながら畑を手伝い、
    親子で充実した時間を過ごすことができた。
  • 採れたての野菜のおいしさを知ることができた。お店で買った物とのうま味の違いに、感動しました。
  • 売っている野菜について考えるようになった。(旬のものか、産地など)
  • 指導の通りに行えば、何とか予想通りに収穫できるので迷いが無い。
  • 野菜作りに関する基礎的な知識の吸収と実戦での体験など都度指導いただき、参加して良かった。
  • スタッフの方々が親切で気さくで、何でも質問したことに丁寧に答えていただける。

そしてふだんの生活、暮らし方がこの1年で大きく変わったという声も聞かれました

  • 季節感が味わえるし、体を動かすので健康的になった。
  • 農園で知り合いになりこれまでとは違う出会いもあって楽しかった。
  • 野菜がどんどん収穫できるので、その野菜を使って加工食品をたくさん作った。

名古屋近郊の市民農園「あせだくコース」お申込みボタン
(お問合せ、畑の見学ご希望の方 090-1798-4802)